BIOGRAPHY


Micina(ミキナ)

渡邊樹菜(ワタナベミキナ)/Mikina Watanabe

*********************

ポップスクラリネットアーティスト/作編曲家

千葉県市川市出身。

市川市立妙典中学校卒業。千葉県立船橋高校卒業。東京音楽大学卒業。

 

 

1989年1月1日生まれ。

4歳より伊藤楽器ヤマハ音楽教室にてピアノを始め、10歳よりクラリネットを始める。 

音楽大学在学中よりオーケストラ室内楽、吹奏楽などを通して演奏家活動を開始。

 

オーケストラメンバーとしてこれまでにサントリーホール、さいたまスーパーアリーナ、新国立劇場、帝国劇場、渋谷公会堂、東京芸術劇場などの各主要ホールに多数出演。
女優・真矢みきさん、歌手・小林幸子さん、森山良子さん、安田祥子さん、渡辺真知子さん、オペラ歌手・錦織健さん、森麻季さん、ミュージカル俳優・山崎育三郎さんなど著名人と多数共演。

 

大学卒業後、国内でも珍しい『ポップス』クラリネットのアーティストMicina(みきな)として、ソロ活動を展開。
 「常識を覆すポップクラリネット」をテーマに、演奏だけでなく公演の全作編曲と演出・総合プロデュースを手掛ける単独ホールコンサート「Clarinet on the BEAT」(J:COM市川・浦安テレビ放送)を始め、千葉・東京を拠点としたライブ、その他神奈川県、埼玉県、茨城県、福井県、静岡県、長野県、滋賀県、香川県、岡山県、群馬県、福島県、等での全国イベント・コンサート出演、レコーディング参加など、活動は多岐にわたる。

 

作曲家として企業や映像メディアへの楽曲提供、演奏家への委嘱作品提供などを手掛け、2013~2015年、音楽を担当した短編映像作品が、映文連アワードにおいて企画賞・部門優秀賞を連続受賞。

クラリネット8重奏作品「ガラスの海と都市の情景」が第39回全日本アンサンブルコンテスト出場。(翌年40回大会へも4重奏版で出場。)これを機に同作が話題を呼び、ヨーロッパ・スイスでも海外初演が行われたことで、Micina作品が今、広く注目を集めている。

 

これまでに4枚のCDをリリース。KARAKURI RECORDSより最新アルバムが2タイトルが全国CD店舗、オンラインショップ、iTunesにて発売中。2017年1月クールで、全国ローソン店内USEN放送にて起用。

音大卒の確かな技術力・表現力を基盤としながら、その多彩な音楽性を武器に、時代とともに進化する新しいクラリネット文化の魅力を切り開いていく。

 

 


・2011年1stアルバムリリース。NGO PLUS×somodeコラボレーションプロジェクトテーマソングへ選出。

・2012年、日本人アーティストとして、YAMAHAミュージックアジア・シンガポール派遣事業に参加。

・2012年9月~2013年3月 かわさきFMラジオパーソナリティ就任。

・2012~現在、単独ホールコンサート(J:COM市川・浦安テレビ放送)を毎年開催。

演奏・作編曲・ステージ演出・プロデュースを兼任する特別公演。

・2013~2015年、音楽を担当した短編映像作品が、映文連アワードにおいて企画賞・部門優秀賞を連続受賞。

・2015年、滋賀県立木山開山1200周年記念・音楽奉納で楽曲を贈与。

・2016年、Micina作曲・クラリネット8重奏作品「ガラスの海と都市の情景」が第39回全日本アンサンブルコンテスト出場。(翌年、第40回大会へも出場)

また同年10月、ヨーロッパ・スイスにて海外初演される。

・2016年11月、Micinaアルバム「SENSORIUM」「PRISM」がKARAKURI RECORDSより2作同時・全国リリースへ。同年12月、iTunes全世界配信がスタート。

・2017年、全国ローソン店内USEN放送起用。

  

クラリネットを、豊永よしこ、村井祐児、月村淳、亀井良信、故内山洋、各氏に師事。 

  

Youtube Channel

https://www.youtube.com/user/micinapr/videos