その他/Other


新たなる地表への挑戦(Cl5重奏)

~Penta-CLam委嘱作品~ 

2023年初演

編成:クラリネット5重奏(B♭.1-4,BassCl)

時間:約5分30秒 

難易度:★★★★☆

 

「命にいたる門は狭く、その道は細い」という言葉がある。 人生の中で困難に直面する時、よくこの言葉を思い起こす。 “どんなことにも容易な道はない"

新しいことをするときは尚更。かつての開拓者たちや、発明家たち、その他のあらゆる未知なる世界を明らかにしていったものたちは、恐れや不安を抱きながらも、夢を描き、探求し、挑むことをやめなかった。そして、挑み続けた者だけが道を切り開き、やがて栄光を手にするのである。今当たり前にあるこの世界は、こうして挑んできた者たちの上に成り立っている。 現代においても、様々な場所で奮闘して生きるすべての人へ、 そして挑み続ける背中へ、希望をもたらせるように。



楽園へのプレリュード(木打5重奏)

~内山洋クラリネットアンサンブル委嘱作品~ 

2016年初演

第40回アンサンブルコンテスト千葉県大会金賞
第9回日本学校合奏コンテスト2020全日本大会ソロ・アンサンブル部門金賞 ほか

編成:クラリネット4重奏+パーカッション(B♭.1-3,BassCl、Marimba&Perc.)

時間:約7分 

難易度:★★★★★

 

死と生をテーマにした、アクティブな作品。
クラリネットカルテットにマリンバを合わせた珍しい編成で、「木」の音色が造りだす温もりあるハーモニーと、神が造りだした偉大なる”自然”を彷彿させる野性的なサウンドををマッチさせている。前半はそれぞれのパートがソリスティックに、1stClとMarimbaの掛け合いが面白い。中間部に、神秘的で柔らかな愛を表現したコラールをはさみ、最後はMarimbaから始まる喜びのダンスで軽快に、そしてスピーディーに締めくくる。



月影の水平線(木管7~8重奏)

~武蔵野市立第三小学校委嘱作品~ 

2018年初演
第41回アンサンブルコンテスト東京都大会金賞  

編成:≪原曲版≫木管7重奏A(B♭1-3,Ob,AltoSax,TenorSax,BassCl)

    ≪編曲版≫木管7重奏B(B♭1-3,SopranoSax,AltoSax,TenorSax,BassCl)

         木管8重奏(Fl,Ob,B♭Cl1-3,A,Sax,T,Sax,BassCl)

時間:約5分 

難易度:★★★☆☆

  

珍しい編成の混合アンサンブルで、Obの難易度は高くなく、BassClとAltoSaxにSoloが、1stClが全体を引っ張っていく作品。暗闇に輝く月が見下ろす夜の海原、小さな船で誰にも気がつかれぬように旅に出る・・・

そんな物語をイメージしながら、少し危険な香りのするオシャレで大人びたコードとメロディを描いた。弦楽合奏を思わせるような技法で書いた優美で切ない中間部は、7人の表現力が問われる。木管楽器のもつ繊細さと、鮮やかで艶のある音色が引き出される、美しい作品。 



Majestic Architecture ~8人の建築家による幻想~(B♭Cl8重奏)

※アンサンブル譜※

編成:クラリネット8重奏(B♭1-8)

時間:約5分15秒 

難易度:★★★★★

※「The Creation2」収録 CD購入

 

2021年、浜松日体中・高等学校吹奏楽部への委嘱作品として完成。

8重奏ながら珍しくB♭クラリネットのみを8本使用した今作は、クラリネットの広い音域を最大限に使い、

変幻自在な音色で色彩感を引き出した。

細分化されたリズムと音が隙間なく重なる工程は、まさに建築家が文化的建造物を緻密に美しく組み立てていくよう。

洗練され計算された美学に加えて、それぞれが描いた夢や“幻想”を、8本のクラリネットで巧みに創造していく。



アンサンブル【レンタル譜】


ご希望の方は、▶️こちらのフォームよりお進みください。

ルシフェルと天空の園(Cl8重奏)

※アンサンブル譜※
2022年初演

編成:クラリネット8重奏(E♭Cl/B♭1-4/AltoCl/BassCl/ContraAltoCl)

時間:約5分30秒 

難易度:★★★★★

※「The Creation2」収録 CD購入

 

安城学園高等学校吹奏楽部委嘱作品「GENESIS」として2020年完成後、2022年に再編し「ルシフェルと天空の園」として発表。

ラテン語で「光をもたらす者」の意味を持ちながら、後に悪魔サタンとして堕落の導き手となるLucifer(ルシフェル)。当初のテーマ“創世記(GENESIS)”を元に、天地創造から幕を開け、彼のエバへの誘惑から、神の壮大な計画、そして終焉の天空の園へ。

クラリネット8重奏のダイナミックさと繊細さとが、この作品に詰め込まれている。



光と闇のコンフリクト(Cl8重奏)

※アンサンブル譜※

~内山洋クラリネットアンサンブル委嘱作品~ 

2017年10月初演  
第41回アンサンブルコンテスト北海道支部大会出場 ほか

編成:クラリネット8重奏(E♭Cl,B♭1-4,Basset.H,BassCl,ContraAltoCl) 

時間:約6分30秒 

難易度:★★★★☆

※「The Creation」収録 CD購入 

 

8重奏ならではの音域の広さと、クラリネットの持つ柔らかなサウンドを生かした作品。

あたたかな光の白と、人々を誘惑する闇の黒が対立し、葛藤し、混ざりあう。遠くから陽がゆっくりと上がってくるような冒頭から、柔らかな序奏へ。やがて光の中に低音セクションの怪しげな闇のハーモニーが浮かび上がる。

5/8拍子と6/8拍子の鼓動でスピードを上げていきながら、静かな透明感あふれる中間部を挟み、ドライで孤独な印象の悲しい4拍子、そしてラストへ向けて光の輝度が増していき、華やかにラストを締めくくる壮大な作品。



enthrall(Cl5重奏)

※アンサンブル譜※

~都立東高校吹奏楽部委嘱作品~ 

2016年初演 

千葉県アンサンブルコンテスト金賞

日本学校合奏コンクール全国大会ソロアンサンブルコンテスト金賞

こども音楽コンクール東日本優秀演奏発表会最優秀賞 ほか

編成:≪原曲版≫クラリネット5重奏(B♭.1-4,BassCl) 
   ≪編曲版≫クラリネット4重奏(B♭.1-3,BassCl)

時間:約5分 

難易度:★★★★☆

※「The Creation」収録 CD購入

 

enthrall=「無我夢中」というこの曲は、情熱が冷め切らぬまま最後まで駆け抜ける青春真っただ中を表現している。

1stClと3rdClを対面に置くスタイルで演奏し、トップを吹くプレイヤーの技術が光る作品。

5声のTuttiを効果的に使ったリズミカルで一体感とキレのあるビートと、難解で螺旋を描くような旋律が聴く人を魅了する。

中間部の「夢の中」を描いたムーディな12/8拍子のあとは、快速なスウィングが待ち受ける。

 



ガラスの海と都市の情景(Cl4~8重奏、他)

※アンサンブル譜※

~内山洋クラリネットアンサンブル委嘱作品~ 2015年初演

第39回、第41回、第43回全日本アンサンブルコンテスト出場(中学校部門・4重奏・8重奏・木管8重奏)
第40回全日本アンサンブルコンテスト出場(大学部門・4重奏)
第44回全日本アンサンブルコンテスト出場(高校部門・8重奏)

第45回、第46回全日本アンサンブルコンテスト出場(一般部門・6重奏) ほか

 

編成:≪原曲版≫クラリネット4重奏(B♭Cl1-3/BassCl) 

≪編曲版≫

・クラリネット8重奏A(Es/Cl.1-4/Alto/Bass/C.A)※5分カット版

・ クラリネット8重奏B(Es/Cl.1-4/Alto/Bass/C.A)※フル版
・クラリネット7重奏(Es/Cl1-4/Alto/Bass)※5分カット版

・クラリネット6重奏A(Es/Cl.1-4/Bass)※5分カット版

・クラリネット6重奏B(Es/Cl.1-2/Basset.H/Bass/C.B)※フル版
クラリネット5重奏A(Cl.1-4/BassCl※2ndCl EsCl持ち替えあり)※5分カット版
・クラリネット5重奏B(Cl.1-4/BassCl)※フル版

・ 木管8重奏A(Fl1※Picc持ち替え/Fl2/Cl.1-2/BassCl/S.Sax※A.Sax持ち替え/T.Sax/B.Sax)※5分カット版 

・木管8重奏B(Fl/Ob/Cl.1-2/BassCl/S.Sax※A.Sax持ち替え/T.Sax/B.Sax)※5分カット版
・木管8重奏E(Fl/Cl1-3/BassCl/A.Sax/T.Sax/B.Sax)※5分カット版

・管楽10重奏(Fl1-2/Cl1-2/BassCl/A.Sax/T.Sax/B.Sax/Euph/Perc)※フル版

・クラリネットコンチェルト(SoloCl/弦楽合奏)※フル版

 ※その他、未公開編成あり。

 

時間:フル版 約6分/カット版 約5分 

難易度:★★★★★

※「The Creation」収録  CD購入(4重奏)・CD購入(8重奏)

 

"永遠に美しい状態の地球"を意味する「ガラスの海」へ、

科学の進歩や人間の成長により、様々な文化が形成されていく様子を「都市の情景」として乗せていった、色鮮やかな作品。

 

原曲は4重奏として2015年に発表。後に8重奏を第39回全日本アンサンブルコンクールへ出場した札幌市立白石中学校のために編曲。

8重奏版をはじめとする多彩な編成が存在し、さらに5分以内にカットしたバージョンがあります。(カットバージョンには、カットにあたり原曲に出てこない展開が数箇所あります。)

海外でのオーダーも多く、国内外で人気のある本作は、2022年に東京佼成ウインドオーケストラ・クラリネットセクションの協力で、満を持して8重奏版を音源化。アルバム「The Creation2」で聴くことができる。